ますとみのこだわり

愉しんでいただきたいのは、「ますとみ」のすべてです。

こだわりの空間

館内随所に感じられる伝統とこだわり

 明治後期に弁天様を守りながら、塔ノ沢駅前の小さな甘味屋さんを始めたのが初代です。 そして大正14年、初代増次(ますじ)さんと女将の富美(とみ)さんのお名前から一字づつ使い、箱根湯本にて源泉を持つ温泉旅館「増富旅館」を始めました。湯温は44度で、無臭・無色透明です。少し熱いかもしれませんが、アルカリ性単純泉のお湯は肌を柔らかくなめらかにしてくれる「美肌の湯」です。体の芯からあたたまるので、冷えや疲れからくる不調がやわらぎます。

 現在の2代目は初代の心意気を継ぎ、ひらがなの「ますとみ旅館」としてから、おもてなしに更に工夫を重ねました。源泉掛け流しのお風呂に野鳥のさえずりや静かな音楽の「BGM」を導入したことも。「おふろにつかりながら心なごむ音を聞くと、ストレス解消効果がある」という専門家のおすすめをすぐに実行したのです。 また、「昼食休憩制度」を導入したのも箱根全山において、ますとみ旅館が最初です。遠方からのお客様だけでなく、近くのお客様にも気軽に温泉を利用していただくために「泊まらなくても、ご飯とお風呂と風呂上がりのごろごろができる」サービスを始めたのです。 3代目となる若旦那の活躍が始まると、全室リニューアル、お風呂一新、食事処新設、オリジナルグッズ・・・「ますとみ」のおもてなしは、更に新しく、深く、やさしく、進化していきます。


ままね湯とは

ままね湯

医者推薦の自然で本物源泉

田舎の方言で「まま」とは田んぼ畦道のように盛り上がった土手のことを「まま」と言います。 当館の源泉が土手の下、つまり「ままの根っ子」より湧き出している処から『ままね湯』と先代が名付けました。
当館独自の源泉は天候によって、その日その日の温度が違います。温かくなる日、冷たくなる日も多々有ります。地震が有りますと湯量が増えます。これが自然で本物源泉でございます。
温泉成分により発汗作用がとても良いので、一回の入浴時間5分〜10分程度を1回〜2回で十分です。明朝は珠の肌となりすべすべ。特に女性の方にお勧めですが近年では男性の方にも大変喜ばれており、リピーターの方が日毎に増えております。

どうぞ、ご期待してご入浴下さいませ。

また、整形外科医が驚く程治癒力が有る温泉と認められ推薦状を頂いております。即効性があらわれるのは、術後の肉上がりの良さとやけどの後はきれいに元に戻ります。アトピーの方にも効きめがある様です。


ままね湯効能

〒250-0311
神奈川県足柄下郡箱根町湯本656
Tel:0460-85-5775
Fax:0460-85-7625
yoyaku@mamaneyu.jp

Copyright © Masutomi . All rights reserved.